ワードプレス

Similar Posts(ワードプレスプラグイン)で関連記事を表示させよう

Similar Posts(ワードプレスプラグイン)で関連記事を表示させよう(動画あり)

[yt id=”U-7Jqr2DmSY?rel=0&theme=light&showinfo=0&autohide=1″ frameborder=”0″”]

今回はブログワードプレスのカスタマイズで需要が多い
記事下に関連記事を出現させる方法を解説していきます。

利用するプラグインは『Similar Posts(シミラーポスト)』

この記事の下にもあると思いますが、
僕のブログで関連記事を表示させているのも
Similar Postsを使っているんです。

現在は、多くのサイトでも採用されてますし
もともとワードプレステーマに、
機能が付属している場合も多いですよね。

関連記事を表示することで、他記事へのアクセスにつながるし
サイト滞在時間も長くなるのでSEOにも効果が期待できます

なによりも、一度書いた記事を
眠らせずに見てもらえるのが素晴らしいですよね!

※ 注意

また『Similar Posts』を利用するためには
別のプラグイン『Post-Plugin Library』が必要になります。

まだインストールしていない場合は
こちらの記事を参考にして、確実に有効化してくださいね。

(といっても、特別な作業は必要ないんですが。(笑))

Post-Plugin Libraryの効果って?使い方を解説!

詳しいSimilar Postsの設置方法については、
動画でじっくり解説していますのでご覧ください〜

ワードプレスサイトに関連記事を表示させるメリットは?

サイトに関連記事を表示させることには、沢山のメリットがあります。

大きく2つに分けてみると

・ユーザビリティの強化

・内部SEO対策

ですね。

これはけっこう大事な話なので、詳しくお話ししていきましょう。

ユーザビリティ強化!(関連記事表示のメリット1)

関連記事を記事下に配置することで
記事を呼んでくれたユーザー(訪問者)への価値の提供ができます。

つまり興味がある記事を見つけてもらい易くなるわけですよね。

ということはユーザビリティ(使い易さ)の強化につながります。

あなたのサイトをファンになってもらう可能性も
非常に高くなるという意味で、重要な役割をもっています。

[ca]参考▶︎ユーザビリティ(使いやすさ)をデザインに盛り込もう![/ca]

内部SEO対策!(関連記事表示のメリット2)

内部リンクという言葉があります。

自分のサイトの内部で、各ページに貼るリンクのことです。

この内部リンクをくまなく張り巡らせることで
Googleのクローラーは、しっかりページを認識することができます。

さらに関連記事の設置によって
下位アクセス記事の底上げにもつながってきますよね。

直帰率(1ページだけ見て帰ってしまう確立)や滞在時間の改善で
SEO対策に高い効果が期待できます。

[ca]参考▶︎コンテンツ整理で内部SEO対策!4種類の具体的方法とは?[/ca]

このように、非常に大きなメリットがある関連記事表示ですから
沢山のサイトで採用されているということ。

ぜひあなたのワードプレスサイトにも
有効活用してもらえればと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

mail

 

関連しているかもしれない記事