アクセスアップ

コンテンツ整理で内部SEO対策!4種類の具体的方法とは?

コンテンツ整理で内部SEO対策!4種類の具体的方法とは?

[yt id=”L18yU_MmKz4?rel=0&theme=light&showinfo=0&autohide=1″ frameborder=”0″”]

自作自演リンクなど、外部SEO対策へのペナルティが厳しくなり
近年では内部SEOの重要性がさらに増してきています。

今回はユーザーにもクローラー(検索エンジン)にも優しいサイト
あなたのサイトを改善するための方法をお話しします。

コンテンツ整理で内部SEO対策!

それでは、サイト内部のコンテンツを整理する
4種類の具体的な方法を1つずつ解説していきましょう。

外部リンク

[ca]・やたらと外部にリンクを貼らない(サイトパワーの流出)
・特にアフィリエイトサイトの場合は要注意
・ペナルティを受けているサイトへのリンクは絶対に貼らない[/ca]

内部リンク(アンカーテキスト)

[ca]・サイト内でリンクを張り巡らせる
・アンカーテキストはわかりやすく
・基本的に『2クリックですべてのページにアクセスできる』状態に
・カテゴリの最適化
・まとめコンテンツの作成[/ca]

画像のalt属性

[ca]・画像をコンテンツに追加する際に記入
・なんの画像なのか?を判断してもらう[/ca]

タグの重複

[ca]・ウェブマスターツールで確認(検索のデザイン ⇒ HTMLの改善)
・同じページへ、複数のURLで移動することはないか?
・カテゴリの変更などによる重複 ⇒ URLの削除が必要
・All in One SEO Pack で対策[/ca]

箇条書きにすると作業が多くて大変そうですけど、これらは
一度やってしまう、もしくは意識すればずっと使うことができます。

コンテンツを整理することは
SEO対策として有効なだけではなく、サイト訪問者の方への配慮にもつながります

検索エンジンにも、訪問者の方にも見やすく使いやすい
整理されたサイト作りを意識していきましょう。

関連しているかもしれない記事