ワードプレス

ワードプレスでサイドバーに画像挿入するには?追加や編集法も!

ワードプレスでサイドバーに画像挿入するには?追加や編集法も!

当サイトでもサイドバー(右側の2つの列)には
「人気記事」や「オススメ記事」の画像を挿入しています。

ワードプレスブログのカスタマイズ方法としては初歩の作業ですが
馴染みがない方には難しいですよね。

ということで今回は、ワードプレスブログのサイドバーなど
記事以外に画像を挿入する方法
を動画解説します。

ここからは文章でも解説していきますね。

ワードプレスに画像挿入する方法!ウィジェットを追加?

まずは、ワードプレスのダッシュボードにログインしてください。
そしてメニューを「外観」>>「ウィジェット」と選択します。

サイドバー 画像

この「ウィジェット」という項目が、サイドバーのカスタマイズでは
主に編集する場所ですので覚えておいてください。

ウィジェット画面の右側にサイドバーがありますので
画像で示す部分をクリックしましょう。アコーディオンのように開きます。

サイドバー 画像

ここの中に左側のパーツの中にある「テキスト」を
ドラッグ&ドロップ(※)します。
※ クリックしたまま持ってきてから離すこと。

テキストは文字を入力する場合に利用できますが
画像の呼び出しコードを入力することもできます。

「テキスト」も先ほどのサイドバーと同じように開いて
画像コードを入力していきましょう。

コードは以下の通り。

サイドバー 画像

 
〇〇の部分に画像ファイルのアップロード場所を入力。

わかりやすく、実際にサイトには
どのように反映されるかを比べてみました。

サイドバー 画像

もちろんサイドバーへの反映のされ方は
テンプレートによって違うので、参考程度ですね。

最後にボックスの中の「保存」をクリックすれば
サイドバーに画像が表示されることになりますよ。
 

ワードプレスのサイドバー画像のサイズ編集方法!

画像が表示されたはいいものの
サイズがサイドバーの幅と合わないことも多いですね。
そんな場合は画像のサイズを横幅だけ指定しましょう。

サイドバー 画像
こんな時!

画像コードの中に以下のコードを入力すればOKです。

width=”〇〇”(〇〇=横幅のピクセル数値)

 
ちなみに僕のサイトだと大体横幅は165pxくらいなので
〇〇には”160″を入力します。

先ほどの例でいえばこんな感じ。

サイドバー 画像

 
これで自動的に縦のサイズも同比率で変更されます。

また画像を「中央そろえ」にしたい場合
「class=”aligncenter”」というコードを追加すればOKです。

サイドバー 画像

 
これでほとんどの画像をサイドバーに挿入する場合
対応できるんじゃないでしょうか?

ということで、今回はワードプレスのサイドバーに
画像挿入する方法を解説しました!

サイドバーはサイト訪問者にかなり注目される場所ですから
ぜひキラーコンテンツを画像表示して、アクセスを呼びたいですね。

それでは今回はこの辺で失礼します。

mail

【PR】6024人が参加中!"自分ビジネス"の冒険(無料)

僕が、あなたに何かお伝えできるとすれば、それは「PCやスマホ(インターネット)を使って、自分の力でお金を稼ぐための方法・考え方」だと思います。

経済的な自由を実現できれば、人生の選択肢はかなり広がるので、あなたが“本当にやりたいこと”をやりやすくなっていきます

僕も、旅行に好きな時に行けるようにし、好きな人とだけ付き合えるようになったし、毎日比較的ストレスフリーで幸せです。


2019年、今の世の中、検索すれば無限に情報が出てくるし「情報やコンテンツに価値がない」と言われるのも、ある意味正しいのかもしれません。

しかし、情報が溢れ過ぎていることで、逆に「正しい情報を選ぶこと」は難しくなり、時間がかかるようになったのではと思います

はっきり言って、インターネットビジネスでは「正しい方法(順番)」さえ知っていれば、継続するだけで成果は出ます

もっとストレートに言えば、稼げる

無料でお届けしているメールマガジンでは、僕が2019年まで約6年間やってきた「正しい方法(順番)」をギュッとまとめてお伝えします。

もちろん僕が全て正しいと言うつもりはありません。が、この6年間で得た経験や知識、仲間へのサポート実績には自信を持っています


また、今なら「自分ビジネス作りの地図」もプレゼントしているので、あなたが「どうにか会社のお給料以外の収入源が欲しい!」「元手を必要としないネットビジネスに興味がある!」とか、その他「自分の人生を生きている実感を失いつつある」「経済的な自由から、自由な人生を取り戻して生きたい」と感じているのであればぜひ受け取ってみてください。

下のフォームから、すぐに登録(参加)することが出来ます!
↓↓↓





関連しているかもしれない記事