ツール・ソフト

画面キャプチャで動画を収録する方法 forMac!Youtube用にも

画面キャプチャで動画を収録する方法 forMac!Youtube用にも!

画面キャプチャ Mac

スライドショーやデスクトップを画面収録する時に
必要になるのがキャプチャツールですね。

また、Youtubeにアップする動画を作成する時にも
こういったツールは非常に活躍してくれます。

要はPC画面をそのまま録画してくれるということ。

ということで僕もMacで愛用している
QuickTimeプレイヤーでの、画面収録方法を解説しましょう。
 

QuickTimeプレイヤーってなに?

QuickTimeプレイヤーはMacのOS X以上であれば
初期設定で組み込まれているメディアプレイヤーです。

QuickTimeのダウンロードサイトはこちら。
アップル – QuickTime

平たくいうと、音楽や動画を再生するツールですね。

まあ音楽を聴くのにはitunesを利用する場合が多いと思うので
そんなに使う機会はないかもしれませんが。

しかし「再生」の他に「録音」「録画」もすることができる
多機能ツール
で、メディア作成に広く利用することが可能なんです。
 

画面キャプチャで動画収録する方法!forMac

ではさっそくQuickTimeを使った画面収録の方法の
手順を1つずつ解説していきます。

まずは Launchpad >> QuickTimePlayer を選択してください。

QuickTime ローンチ

するとDock上にアイコンが表れるので
右クリックしてメニューを表示させましょう。

QuickTime Dock

右クリック!

QuickTime メニュー

ここからは全画面を収録するのか?
画面の一部を収録するのか?で作業が変わってきます。
 

QuickTimeプレイヤーで全画面を収録する方法!

「新規画面収録」を選択し

QuickTime 新規画面収録

録画ボタンをクリックすると

QuickTime 録画

「クリックするとフルスクリーンで収録されます」

と画面上に表示されます。

全画面収録の場合はそのまま画面上を左クリックすれば
収録がスタートし、停止ボタンをクリックすれば終了します。

文字通り画面上のすべてが録画されるので
余計なものが映り込まないように注意してくださいね。
 

QuickTimeプレイヤーで画面の一部を収録する方法!

画面の一部を収録する場合は、録画ボタンをクリックしたあとに
カーソルをドラッグして範囲を選択することができます。

こんな感じですね。

QuickTime 画面収録

範囲は自由に選択できるので、ちょうど良いサイズで
「収録を開始」をクリックし録画を開始してください。

終了方法は全画面の場合といっしょです。

欲しい部分だけを切り取って収録できるので
動画素材を保存したり、スライドショーを録画する時には便利ですね。
 
ということで、今回は動画マーケティングには必須の
動画キャプチャの方法について解説しました。

保存した動画はYoutubeなど、動画サイトに
直接アップロードすることもできる
ので、ぜひ活用してみてください。

 
では、今回はこの辺で。

【PR】6024人が参加中!"自分ビジネス"の冒険(無料)

僕が、あなたに何かお伝えできるとすれば、それは「PCやスマホ(インターネット)を使って、自分の力でお金を稼ぐための方法・考え方」だと思います。

経済的な自由を実現できれば、人生の選択肢はかなり広がるので、あなたが“本当にやりたいこと”をやりやすくなっていきます

僕も、旅行に好きな時に行けるようにし、好きな人とだけ付き合えるようになったし、毎日比較的ストレスフリーで幸せです。


2019年、今の世の中、検索すれば無限に情報が出てくるし「情報やコンテンツに価値がない」と言われるのも、ある意味正しいのかもしれません。

しかし、情報が溢れ過ぎていることで、逆に「正しい情報を選ぶこと」は難しくなり、時間がかかるようになったのではと思います

はっきり言って、インターネットビジネスでは「正しい方法(順番)」さえ知っていれば、継続するだけで成果は出ます

もっとストレートに言えば、稼げる

無料でお届けしているメールマガジンでは、僕が2019年まで約6年間やってきた「正しい方法(順番)」をギュッとまとめてお伝えします。

もちろん僕が全て正しいと言うつもりはありません。が、この6年間で得た経験や知識、仲間へのサポート実績には自信を持っています


また、今なら「自分ビジネス作りの地図」もプレゼントしているので、あなたが「どうにか会社のお給料以外の収入源が欲しい!」「元手を必要としないネットビジネスに興味がある!」とか、その他「自分の人生を生きている実感を失いつつある」「経済的な自由から、自由な人生を取り戻して生きたい」と感じているのであればぜひ受け取ってみてください。

下のフォームから、すぐに登録(参加)することが出来ます!
↓↓↓





関連しているかもしれない記事