ライティング

インターネット上の『良い文章』と『悪い文章』の違いって?

[yt id=”N6LqSSZ-B5c?rel=0&theme=light&showinfo=0&autohide=1″ frameborder=”0″”]

別の記事でもお話ししましたが、WEBコンテンツの特徴としては

・視認性が低い
・長時間見ていると(目が)疲れる
・一瞬(1クリック)で他のページに移動できる

などということが挙げられました。

[ca]参照:WEBライティングを始めよう!ネットで『読まれる』文章とは?[/ca]

ということで、インターネット上の文章の『良し悪し』も
紙媒体(本とか)の文章とはまた違ってきます。

今回は動画を使って『悪い文章』を
『良い文章』に直してみる、ということをやってみました。
 

インターネット上の悪い文章の特徴とは?

まずは悪い文章の特徴を見てみましょう。

[ca]・文章の区切りで改行(見出しの配置)がされていない
・語尾が一定
・やたらと漢字や難しい言い回し、専門用語を使う
・日本語が間違っている
・なにを言いたいのかわからない(意味が分からない)
[/ca]

という感じでしょうか。

ちなみに、これら全ての悪い要素を含んだ例文がこちら。
悪文の権化みたいな文章です。(笑)

悪い文章

インターネット上の良い文章の特徴とは?

そして、逆に良い文章の特徴はこちら。

[ca]・見やすい
・読みやすい
・解りやすい
[/ca]

超シンプルです。(笑)

動画の中では、上記の悪文を見やすく、読みやすく
さらに解りやすく書き換えてみました。

けっこう見違えてますよね。

インターネットビジネスをやっている人の中でも
文章を書くこと(ライティング)が苦手な人は非常に多いです。

ぜひ、自分の文章が読者さんにとって
本当に読みやすいものになっているかを確認してみてください。

 

関連しているかもしれない記事