プラグイン

【一瞬】WordPress5.0の新エディタ→旧投稿画面に戻すプラグインがあるよ

僕がWordpressを触り始めて6年くらい経ちますけど、ここまでの変化は始めて!大型のエディターアップデートきましたね〜

2018年12月に実施されたWordpress5.0へのアップデートで「Gutenberg」という新エディターが採用されました

エディター=記事を書く(投稿・編集する)画面のこと

僕も少しだけ触ってみたんだけど、噂通り、本当にめちゃくちゃ変わっていて慣れるまでは時間がかかりそう。3分ほどで挫折しました。

まあ、今後のスタンダードになる(はずの)エディターなので後々慣れていく必要はありますが…とは言ってもひとまず以前のエディターで使いたい!という旧人類には、公式で「旧エディターに戻せるプラグイン」を出してくれているのでありがたく使わせてもらいましょう

WordPress5.0以降でもプラグインで旧エディタに戻せるよ!

ということで、Wordpress運営側でも、急な変化に対応しきれないことは見越していたようで対応策を用意してくれています。(感謝!)

導入方法はめちゃくちゃカンタンで、プラグイン「Classic Editor」をインストールすれば一瞬で旧エディタに戻すことができます。(ちなみに画像右下の「Disable Gutenberg」も、旧エディタに戻すためのプラグインらしい。)

WordPressのダッシュボードから プラグイン>>新規追加>>「Classic Editor」でキーワード検索>>「Classic Editor」の「今すぐインストール」をクリック そして有効化すればOKですね。その他特に細かい設定などはいらないので、Gutenbergの練習でもするか〜と思い立ったらプラグインを停止すれば良いだけ。

僕も基本は旧投稿画面を使いつつ、新エディタもちょいちょい触って少しずつ慣れていきたいと思います。(これから徐々にGutenberg対応のプラグインや、記事作成の方法論も整備されてくるはずだし。)

ではでは、またGutenbergについてのネタがあったら記事書きますね〜☆彡