ビジネス思考

back number「高嶺の花子さん」の歌詞は成功できない人の特徴を網羅している

若い世代を中心に大人気の「back number」と言えば、2010年代に最も成功したバンドの1つだと思います。

僕もアルバムは全部持っているし、プレイリスト作って作業中に爆音で聴きまくるくらい大好きなアーティストです。

そんな彼らの代表曲の1つ「高嶺の花子さん」。好きな女の子がいつつも、デートに誘う勇気が出ない「妄想男子」の心情を歌った曲ですね。そして良く歌詞をみてみると、歌詞に出てくる「僕」が見事に成功できない人の特徴を網羅していることに気づきました。笑

ということで、面白半分、反面教師にして欲しい半分。今回は「高嶺の花子さん」の歌詞から「成功できない人のマインド」をまとめてみたいと思います!ぜひ、逆を考えることで、あなたの成功・目標達成の一助にしてみてください。

back number「高嶺の花子さん」に学ぶ、成功できない人の特徴とは?

まず、歌詞は全文はこちらのサイトを参照。

結論から言うと「高嶺の花子さん」の主人公が持つ“成功出来ない人の特徴”は、大きく以下の3つに分けられる思います。

  • ネガティブ思考
  • 他者依存(アウトサイドイン)
  • 行動力の欠如

ではでは、曲の中でも象徴的な歌詞をピックアップしてみていきましょう。

Aメロ

ワンフレーズ目から、かなり怪しい雰囲気が出ています

まず「きっと」ただの友達の友達なんだと、最初から戦意喪失している点(ネガティブ思考)。さらに「恐ろしい人だ」と、笑顔を向けた相手に魔性を感じている、被害妄想にもつながる自意識過剰さ。

Bメロ

「黒魔術」という単語が出て来たことで、完全にノウハウコレクター的な素養を感じさせますね。

ノウハウコレクター脱出計画!キーワードは“選択”と“集中”![yt id="4Mbz7Ilxv3s?rel=0?theme=light&showinfo=0&autohide=1" framebo...

また「車もない」と自分がうまくいかない原因を「持っていないこと」のせいにしていますが、たぶん、彼は車が手に入っても「外車じゃないし」とか言い出すことでしょう

これ、全編通してそうなんですが、努力でなんとかしようという心情が一切出てこないんですよね。笑 徹底的に他力本願であり、モノゴトの結果が環境に左右されるという思考(アウトサイド・イン)の持ち主であることが伺えます。

7つの習慣に学ぶインサイド・アウト(脳みそに潜む一番の問題)7つの習慣に学ぶインサイド・アウト(脳みそにある一番の問題) [yt id="UdlIoL8Cr4k?rel=0&theme=li...

サビ

そしてサビも見事に他責が極まっています。「飛び出してきてくれないか」じゃなくて、自分で行けよ!と思ってしまいそうなところ。笑

また「生まれた星のもとが違くたって」の部分、こちらもさりげなく自身の手の届かない要素に責任転嫁しているアウトサイドインポイントです

最終的に「なるわけないか」と自己完結している点も哀愁を感じさせます。曲を聞いていても、イライラしたり嫌な気持ちにならずに、微笑ましく受け止められるのはこの辺のバランス感覚の良さなんでしょうね〜

Cメロ

2番は飛ばして、Cメロからのサビへ!(2番では、より妄想が爆発して、危険な領域へ達していきます。)

最終的に「あれだけ妄想(シミュレーション)しておいて、何もしないんかい!」ということに尽きますね。結局は色々な理由をつけて行動をせずに終わってしまう…と

これだと成功するしない以前の問題で、何も始まりません。

行動力が無いとネットビジネスで1円も稼げない理由【脱初心者ショートストーリー第二部 第3話】 (前話はこちらから) ネットビジネスにかぎらず、ビジネスで成功するために非常に...

「高嶺の花子さん」の主人公を、僕たちは決してバカにできない

ということで、back number「高嶺の花子さん」の歌詞に見る、成功できない人の特徴をまとめてみました。

恋愛の話なので「いやいや、流石に自分はこんなじゃないよ」と感じる人が多いと思います。が、例えばビジネスとかダイエットとかの取り組みに置き換えてみると決してバカにできる話じゃないですよね

  • どうせ上手くいかない(ネガティブ思考)
  • 時間がないから作業ができない(責任転嫁)
  • 知識はあるけど行動ができない(行動力の欠如)

などとてもあるあるですけど、本質は同じです。(だからもうダメってことじゃなく、積極的に思考を変化させる必要があるということ。)

「高嶺の花子さん」の主人公の未来

ただ、この主人公の未来はそう暗くないんじゃないかと僕は思っています。

なぜなら

  • 豊かな想像力(妄想力)
  • 震えるほど強い想い

を持っているからです。

どこかで、彼が自分自身の力で未来を切り拓こうとする気持ちに目覚めたとしたら、成功できる素質は十分過ぎるほどあるはず。

実際にback number曰く「わたがし(曲名)」で、デートに誘うことに成功し、「花束(曲名)」で思い切って思いを伝えると、そんなストーリー構成になっているとのこと。

一連の成功ストーリーになっているので、歌詞から読み取れる思考の変化もあるでしょうから。

さて、最後は少し話が脱線しましたが、今回はback number「高嶺の花子さん」から学ぶ成功できない人の特徴についてでした☆彡

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

関連しているかもしれない記事