台湾

【台湾】桃園空港から台北駅へはMRTが快適!超カンタンな乗り方を説明します

人気のLCCをはじめとして、多くの国際線の発着がある「桃園空港」は台湾の主要国際空港

空港はフライトを終えて一番最初に到着する場所ですから、空港からホテルへのアクセスはしっかりと抑えておきたいですね。まずは桃園空港から台北駅まで移動したいってパターンも多いはず。(僕の場合ホテルが台北駅付近だったので。)

安心してください。超カンタンです。

ということで、今回は桃園空港から台北駅(台北車站)までMRT(台北メトロ)で移動する方法をお伝えしていきますよ〜

桃園空港から台北駅(台北車站)へのアクセスはMRTで楽ラク!

2017年3月2日からだそうですが、現在は「MRT桃園空港線」という桃園空港から台北駅直結のMRTが運行しています。(MRTというのは「台北メトロ」って言われたりする「地下鉄」ですね。とはいっても普通に地上走ってますw)

このMRTのおかげで超楽チンに往復することができました。
以前はバスやタクシーしか手段がなかったことを考えるととても便利ですね。

ではでは、まずは桃園空港に到着してからMRTの駅までの移動するところから!

桃園空港第1ターミナルから、空港MRT駅までの行き方

今回僕が利用したのが「第1ターミナル」だったので、第1ターミナルへ入国した後のMRT駅への行き方を説明しますね。

まぁ説明といっても空港内にあるので案内看板を辿っていけば問題なくたどり着けると思いますが

入国ゲートから出て左に歩いて行くとさっそく看板が…

ちなみに逆(右)に行くとすぐに「中華電信」があるので、SIMをGETしたい場合は立ち寄ってくといいですよ。

看板の通りに進んで、突き当たりをさらに左に曲がっていきましょう。

するとエスカレーターがあるので下へ〜(ちなみに台湾のエスカレーターは右に寄るのがルールっぽいです。)

一旦下に降りるとフードコードがあるので休憩するのもアリですね。そのまま駅に向かう場合は、振り返ってさらに降りエスカレーターを降りていきましょう。

あとは道なりに進めばMRT桃園空港駅へ到着!
次はチケットの購入ですね。

台北駅までのチケットを購入しよう!

写真右側の、人が集まっているらへんにチケットの販売機があります。

販売機は初期画面から言語を選択できるようになっていて、日本語も選べるので操作はカンタン160香港ドルの「台北駅」を選択して購入しましょう。

チケットはプラスチックのコイン型でカッコいいです笑

改札を通過する方法は、入る時はチケット(コイン)をセンサーにタッチすれば入り口が開いて通過できます。(Suicaとかと一緒です。)で、出るときは写真の「投入」と書いてある投入口にコインを入れればOKですね。

桃園空港駅から台北駅に行くには必ず「2番ホーム」から乗車!

改札を通過したは良いけど、MRTはいつ来るの?についてはだいたい10分おきくらいに来るので、いつ到着してもさほど待たずに乗れます。ちなみに始発はAM6時頃、終電はPM23:30頃ですね。

普通車はそのまんま。直達車というのが快速のことです。

それではホームへ降りていきましょう。

ここで重要!

桃園空港は始発駅ではないので、台北駅に行きたい場合は「2番ホーム」からMRTに乗る必要があります。1番ホームの電車に乗ってしまうと台北駅とは逆方向にいってしまいます。

↓の画像で言えば、1番ホームから乗ると左へ、2番ホームから乗ると右へいく感じ。

画像引用:http://www.mwt.co.jp/kaigai/data/taiwan/accessguide/

無事2番ホームからMRTに乗り込めたら、あとは終点の「A1 台北車站」で降りればOK!所要時間は普通車なら50分ほど、快速なら35分ほどで台北駅に到着ですね。お疲れ様でした〜!

まとめ:MRT空港線は超便利なのでぜひ活用してみて!

いかがでしたでしょうか?

バスだとかタクシーだとかいくつか桃園空港から台北駅への移動手段はあるけど、今回は僕が実際に利用したMRTでの方法に限って解説しました。というかMRTが圧倒的に便利だと思います。(タクシーだと片道1000台湾ドルくらい。複数人だったら相乗りで良いかも?)

空港からの移動ってやっぱり不安ですから、無事目的地までたどり着くまでの一助になれれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!