台湾

食いだおれの台北旅行記!交通アクセス・グルメ・おすすめ観光スポットまとめ★☆

ニイハオ!渚ひろしです。
当エントリーは2018年5月の台湾(台北)旅行のまとめ記事になります。

結論から言うと相変わらず超楽しかったです!

特に「海外旅行行ってみたいけど、初めてだからちょっと怖い…」という、海外ビギナーにはかなり良いんじゃないかな〜と感じました。(その理由についても後半でお話ししますね。)

あなたが今後「台湾に行ってみよっかな〜」と思った時のために交通アクセスグルメオススメの観光スポットなどをまとめたので、気になるところからぜひ読んでみてください

ではどうぞ!

台湾についての事前情報(地理・歴史など)

まずは、旅行をより楽しむための台湾についての基本データをおさらい。(僕、大学で地理学専攻だったこともあってこういうデータとか統計をみるのが大好きなんですw)

基本データ

台湾の場所はココ!

国名:台湾
人口:約2400万人
首都:台北市
面積:約36000k㎡
通過:ニュー台湾ドル
公用語:中国語

国土の広さは九州と同じくらいですね。また、一人当たりの名目GDPは世界35位ってことで、アジアではマカオ、シンガポール、香港、日本、韓国、ブルネイに次いで第7位。

産業としてはPCの部品だったり、再生化のエネルギーなどの先端技術も大きく注目されていて、世界経済でも重要な役割を占めていると言えます。

台湾の近代史(超ざっくり)

「台湾って国なの?中国の一部なの?」という質問にあなたはバシッと回答できますか?
ご想像の通り、なかなか複雑な歴史を持っている台湾

1683年〜1895年まで清王朝の統治から、日清戦争により1895年〜日本の植民地になった歴史は多くの人が知るところだと思います。

そこから第二次世界大戦の敗戦で日本が撤退するまで(〜1945年)の期間、台湾は日本統治下にありました。(この期間に日本がガッツリ病院、学校、下水道など台湾のインフラ整備したことが、台湾人が「親日」と言われる理由の1つ。)

1945年に日本が撤退して以降は、フリーになった台湾を中国本土から蒋介石率いる国民党が「中華民国」として回収。そして現在に至っているわけですね。

もっと詳しく知りたい!って場合は素敵な参考ブログへ♪♪
中国・台湾・香港の違いをサルでも分かるように解説

と、ちょっと前置きが長くなりましたけれど、そんな台湾への旅行記を

  • 交通アクセス
  • 台湾グルメ
  • おすすめ観光スポット

の3つの分けてまとめてみました!

その1:しっかり抑えたい「交通アクセス」について!

※ 随時更新

その2:最高の「台湾グルメ」を満喫してきたよ

※ 随時更新

その3:オススメ「観光スポット」をご紹介!

  • 元高さ世界No.1の「台北101」の天空展望エリアに行ってみた
  • 千と千尋の神隠しのモデルとなった「九份」へ!お茶カフェが素晴らしかった
  • 隠れ名スポット「十分」が楽しい!願いを書いたランタンを飛ばそう

※ 随時更新

台北旅行まとめ!海外旅行ビギナーにも超おすすめな理由★☆

※ 随時更新