WP QUADSが記事内アドセンス表示には最強!使い方をバッチリ解説するよ

Googleアドセンス

WP QUADSが記事内アドセンス表示には最強!使い方をシンプルに解説するよ

Googleアドセンス広告でWordpressブログを収益化する場合
効果的な配置のやり方として

「記事本文の中に広告を貼り付ける」

という方法があります。

一般的に見られるのが、h2見出しの直前とかですよね。
(間にTOCで目次を挟むのも流行ってますね。)

そのためにはいくつか方法がありまして、
便利なワードプレスプラグインもいくつか紹介してきました。

ただ、便利な「新作」ってどんどん出てくるもので
2018年の現状で一番頼りになるのは

「AdSense Integration WP QUADS(以下WP QUADS)」

というプラグインかなと思い今回紹介させてもらいます。

WP QUADS(WordPressプラグイン)で何ができるの?

色々できるみたいです。
全部はわかりません。笑

ただ僕の場合は

  • 手動でアドセンス広告を任意の場所に表示させる
  • 自動でアドセンス広告を任意の場所に表示させる

という用途で利用していて、
多くの場合はそれで十分かなと思うので、
“その方法”を今回は解説しますね。

早速、インストールしてみよう。

まずはいつも通りプラグインのインストールから!

プラグイン >> 新規追加

「WP QUADS」で検索すればすぐに見つけられますね。

インストールして有効化すると、
初期画面でPRO版(有料版)をオススメされますが、

「Skip Go to Setting」

を選択で、設定に移動することができます。

これでWP QUADSが使えるようになりました!
下図のような管理画面になっていればOKです。

それでは実際にQP QUADSの機能を利用して
記事中に広告を表示させる手順を解説していきましょう。

WP QUADSで記事内にアドセンス広告を表示させる方法

先ほど少し触れたようにWP QUADSでは

  • 自動で広告を表示させる方法
  • 手動で広告を表示させる方法

があります。

そして、そのどちらも広告コードを登録する必要があります
下準備的なことですね。まずはその方法から。

まずはアドセンス広告コードを登録しよう!

今回は2種類のアドセンスコードを用意して
それぞれ登録をしていきます。

(例えば、長方形広告と、レスポンシブ広告を分けて表示させたいという状況を想定)

自分のアドセンスのコードの取得の方法は今回は触れませんが
もし、わからない場合はこちらの記事をどうぞ〜

ではでは、
記事内に貼り付けたいアドセンスコードの準備ができたら
設定のトップ画面から

「AD CODE」

のタブを選択して下図の画面に移動しましょう。

そして「Ad1」を展開。

ラジオボタンを「Adsense」にチェックして
その下の空白の入力欄に、1つ目のアドセンスコードを貼り付けます

「Layout」メニューで、中央寄せなどレイアウト変更も可能ですね。

またMargiunというのは、
上下左右に「どのくらいの空白を入れるか?」の設定です。
(よくわからない場合は触らずでOK。)

完了したら、次は「Ad2」を展開して、
もう1つの方のアドセンスコードを使って
同じように設定を済ませましょう。

ここまで出来たら下部の「変更を保存」を忘れずクリックして完了です

登録したアドセンス広告を「自動」で表示させる方法

さてさて「Ad1」「Ad2」にそれぞれ広告コード登録できたら
あとは表示の設定をするだけですね。

まずは「自動」で広告表示させる方法を説明していきます。
WQ QUADSのトップ(GENERAL&POSITION)に戻ってみてください。

ほぼこの画面で完結します。

番号を付けてるのが、それぞれ広告の自動表示の設定で
BOXにチェック入れることで有効化します

どういった意味なのかを説明していきしょう。

① ads on a page.

1つの記事内に最大何個まで広告を表示させますか?(制限なし、任意)

② to Beginning of Post

記事の始まりに広告を表示させる(ランダム、任意)

③ to Middle of Post

記事の中間に広告を表示させる(ランダム、任意)

④ to End of Post

記事の終わりに広告を表示させる(ランダム、任意)

⑤ right after the <--more--> tag

moreタグの場所に広告を表示させる

⑥ right before the last Paragraph

最後の見出しの後に広告を表示させる

⑦〜⑨ After Paragraph

◯個目の見出しの後に広告を表示させる(ランダム、任意)

to End of Post if fewer paragraphs are found.

見出しの数が◯個以下の場合は、記事の終わりに広告を表示させる

⑩ After Image

◯個目の画像の後(キャプションの後)に広告を表示させる

以上!

そして、選択項目を任意で(例えば「Ad1」)選択すれば、
選択した広告コードが「自動」で表示されるということですね

また、「ランダム」にした場合は
登録している「Ad」の中からランダムに、どれかの広告が表示されます。

登録したアドセンス広告を「手動」で表示させる方法

次は広告を「手動」で表示させる方法にいきましょう。

基本、自動表示させてしまった方が楽なんですが
1つ1つ場所を指定して表示させたい場合に。

やり方はシンプルで、WP QUADSを有効化すると
記事作成画面のエディターに新しいボタンが増えているはずです。

こんな感じ。

管理画面で登録した広告「Ad1」「Ad2」
それぞれのタグ(ボタン)の「Ads1」「Ads2」に対応しています

そのタグを、記事内の「広告を表示させたい場所に入れる」だけです

またその他に生成されているボタンの機能はこちら。

RndAds

記事内に貼れば、ランダムの場所に広告が表示される

NoAds

記事内に貼れば、その記事には広告が表示されなくなる

これで手動で広告表示させる方法も万全ですね!

まとめ:自動配置も手動配置も自在なWP QUADSはアドセンスプラグイン最強か?

さて、ちょっと長くなっちゃいましたが、
WPプラグインQP QUADSの使い方を説明してみました。

個人的には数あるアドセンス広告表示のプラグインの中でも
最強性能かなーと思っているので、
あなたにもオススメしたいなと思って書きました

更新(アップデート)が頻繁に行われて
現行のWPバージョンに対応してくれるのもポイント高しですね。

英語表記ってところが玉にキズなので、
この記事をお役に立ててもらえれば嬉しいです。

ではでは〜

▶︎ よろしければコメントをどうぞ!