スクロールでサイドバーがついてくる!WordPressプラグイン設定方法

ワードプレス

WordPressの記事ページでは、サイドコンテンツを充実させることで
直帰率を下げ、滞在時間を上げることが有効であるとされています。

でも、読み終わった時にサイドバーが見えなくては意味がありませんね。

ということで、今回はアドセンスアフィリエイトにも利用できる
サイドバーをスクロールに追尾させるWordPressプラグインを紹介しましょう。

利用するのはプラグイン「Standard Widget Extensions」
設定は簡単なので、ぜひ導入してみて下さい。

 

Standard Widget Extensionsのインストール方法

まずはStandard Widget Extensionsをインストールしましょう。

プラグイン>>新規追加>>プラグインの検索

 

検索結果の一番上に出てきたStandard Widget Extensionsの
いますぐインストールをクリックします。

 

続いてプラグインを有効化しましょう。

インストールから有効化はここまででオッケーです。

 

Standard Widget Extensionsの設定方法

続いて、実際に追尾の設定をしていきます。

設定>>Standard WE

Standard Widget Extensionsには様々な機能がありますが
実際にいじるのは「メインカラムのID」「サイドバーのID」だけです。

意味を簡単に説明しましょう。

メインカラムのIDでスクロールの範囲を指定し
サイドバーのIDでどの部分をスクロールするか指定します。

画像にするとこんな感じですね。

 

それでは、次にそれぞれのIDをテンプレートから探しましょう。

外観>>テーマ編集

テンプレートのphpファイルの中から
index.phpを探し、クリックします。

このファイルの中にメインカラムのIDがありますが、
僕のブログ(賢威5.0)の場合はヘッダーとフッター間のidがこのような構成になっています。

画像にするとこんな感じ。

 

メインカラムIDはサイドバーの移動する範囲なので
「main-contents」を記入します。

次にサイドバーIDですが、こちらは
sidebar.phpを見つけてサイドバーを指定しているIDを見つけます。

ちなみにこのブログではサイドバーが両端に2つありますが
追尾させることができるのは一つだけです。

今回は視線誘導の観点から、右側のsidebar2を指定しました。

 

ということでサイドバーIDは「sidebar2」ですね。
設定はこれで完了です。

 

save changesをクリックして、設定を保存します。

 

Standard Widget Extensionsを有効活用する!

これでサイドバーが画面スクロールについてくるようになりました。

記事を読み終わった後、クリックを誘うコンテンツを設置して
滞在時間を増やすような工夫をしてみましょう!

また、アドセンスサイトなどに応用する注意点として、
アドセンスの広告を追尾させてはダメです。

Googleの規約違反による
アカウント停止につながるので絶対にしないでくださいね。

広告がついてくるようなサイトはいやですし。笑

今回はこれで以上になりますが、もし上手く設置できないという場合は
いつでも直接メッセージ頂ければと思います。

mail

よろしければコメントをどうぞ!