Fetch as Google登録でサイトを一瞬でインデックスさせる方法!

PC関連全般

Fetch as Google登録でサイトを一瞬でインデックスさせる方法!トレンドアフィリにも!

Fetch as Google

新規作成したサイトは特に、検索エンジン(Googleなど)から
評価が低くなかなかインデックスされません。

インデックスってなに?という場合は以下の記事で説明しています。
ブログ記事のインデックスを確認!Googleクロムで調べるには?

日記やハウツーの場合はそこまで早さを要しませんが
例えばニュース速報記事などは
1日のインデックスの遅れが致命的な価値低下にもつながります。

そこで!今回はGoogleのウェブマスターツールを使って
強制的にインデックススピードを早める方法を紹介しましょう!
 

Googleのクローラーってなに?

最大手の検索エンジンGoogleでは、クローラーを用いて
サイト検索結果の順位を決定しています。

クローラーとはネット上を巡回するロボットのことで
各サイトを見回って有用性を判断しているわけですね。

しかし新規サイトなど、もともとの評価が低いサイトには
クローラーが訪れる頻度が少ないんです。

だから更新しても気付かれずに、インデックスが遅れるということ。

今回は紹介する「Fetch as Google」は、Googleに更新を直接報告して
クローラーにきてもらうという方法です。

それではいきましょう!
 

Fetch as Googleの使い方!

すぐにインデックスさせたい記事がある状態で
まずはウェブマスターツールにログインしてください。

サイトを選択し、サイドメニューの「クロール」の中の
「Fetch as Google」をクリック
します。

Fetch as Google1

Fetch as Google2

するとドメイン名のあとが空欄になった入力フォームが表れます。

フォームの中に記事URLを追記して
「取得」をクリックすれば送信完了!

Fetch as Google3

めちゃくちゃ簡単ですね。

「取得ステータス」「成功しました」になったのを確認し
さらに「インデックスに送信」をクリックしましょう。

Fetch as Google4

「URLをインデックスに送信」画面で「URL」を選択し
「OK」をクリックして完了になります。

Fetch as Google5

これで処理が完了次第、あなたの送信したページが
速やかにインデックスされる可能性が高くなりました。

(ちなみにこの記事は1分ほどでインデックスされました。笑)

どんなにいい記事を書いても検索結果に表示されず
人に見てもらえなければ無意味。

Fetch as Googleを利用して、どんどん書いた記事を
早めにインデックスさせていきましょう。

それでは、今回は以上!
最後まで読んでいたいてありがとうございました1

よろしければコメントをどうぞ!