NBSコーナー(Q&A)

アフィリエイトを人の為に?(渚ひろしのNBSコーナーVol.18)

アフィリエイトを人の為に?(NBS Vol.18)

こんにちは!渚ひろしです。
では、今回も始めていきましょう。

僕、渚ひろしがメルマガやブログの読者さんから寄せられた、ネットビジネス関係なく(←!?)質問に答えまくるQ&A番組「渚ひろしのNBSコーナー」の第18回目放送です。

今回のテーマは「アフィリエイトを人の為に役立てる?」
質問の内容はこちら。

インターネットビジネスに挑戦してみよう!
という心意気はありますが
ただ、アフィリエイトは人の為に役立つものでしょうか?

このメッセージでいう「人の為に役立つ」というのは、僕は「社会貢献」的な意味と受け取ったのでもし稼げたとしても、それって社会の役に立ってる?ということですね


人が満足感を感じるポイントはそれぞれですから、「社会に貢献する仕事をすべきか?」っていうのは今回の論旨じゃありません。

ではでは、回答は動画でどうぞ!

力が無ければ何もできない現実は変わらない

まず、アフィリエイトというのは単なるビジネスモデルなので、それ自体が良いもの悪いもの(役に立つ、立たない)っていう話にはなりません

要は、そのモデルを使って何をする(した)のか?ですよね。

アフィリエイトをはじめ、ネットビジネスが稼ぎやすいのは間違いなので、単純にお金を稼ぐことを目的にすることもできるし、インターネットの力を使って「紹介」という形で社会に貢献することもできます。

※結果的に社会の役に立っているのか?というのは分からないので、あくまで、自分が「社会に貢献したと思える」ということ。

そして、どちらにしても「実力」が無ければ話になりません。

自分がアフィリエイトをする上での影響力(コンテンツの媒体力)がないと稼ぐことはできないし、誰にもメッセージは届かないですから

病気の人を救いたいという思いがどんなに強くても医療技術が無ければ、誰一人救えないのと一緒ですね。


クレハ先生の金言

ただ、動画でもお話ししている通り、多くの人は、自分自身だけではなく近しい人(家族や恋人)の幸福のためお金を稼ぎたいという目的でアフィリエイトに挑戦しているんじゃないでしょうか。

そういう意味での「人の為に」ということならばアフィリエイトはとても優れた選択肢です。

優先順位(プライオリティ)をどこに置くのか?は個人の自由ですけど、しっかり実力をつけるのは前提、その力をどう使うか?が大事かなと僕は考えています

NBSコーナーでは質問を募集中!

いかがでしたでしょうか?
NBSコーナーでは、あなたからのご質問をお待ちしています。

僕に聞いてみたいこと、NBSコーナーで取り上げて欲しいことがあれば、いつでも質問投稿フォームからお便りください。

※ 質問は僕が選別して回答させて頂きます!


 

関連しているかもしれない記事