WEBライティングは『調べながら書き』に注意?

ライティング

ライティングは『調べながら書き』に注意?

インターネット上で文章を書くとき『調べながら書く』ということは
ごく当たり前に行なわれる行為ですね。

しかし、一発でどんな情報にもリーチできるインターネットは
便利過ぎることによる大きな落とし穴もあります。

落っこちると、もの凄い悲しいことになってしまうので要注意!

今回の動画では『調べながら書き』の注意点と
その対策に関してお話ししました。

その『調べながら書き』は大丈夫?

調べながら書き物をしている時に注意すべきなのは
必要から興味への移動です。

ちょっとイメージがつきにくいと思うので具体例を出すと
あなたが「AKB48」の誕生のきっかけを調べていたとします。

まぁこれ自体はwikipediaだったり
公式サイトなどを調べていけば、すぐに解決できますよね。

そこで「興味」への移動に注意。

例えば

「このメンバーのこと気になるな」

「どんな曲があるのかな」

「ちょっとYoutubeで見てみようかな」

などなど…

これはコンテンツ作成のために『必要』だった情報収集から
自分の『興味』を満たすことに目的が移動している
といえます。

インターネットは調べれば無限に情報がでてきますから
この『必要 ⇒ 興味』への移動は致命傷になります。

ですから、なにかを調べながらライティングをする時には
必要なことを調べるにとどめ、興味を抑えることも必要ですね。

よろしければコメントをどうぞ!