Google XML Sitemapsでワードプレスにサイトマップ作成しよう!

ワードプレス

Google XML Sitemapsでワードプレスにサイトマップ送信しよう!

ワードプレスサイトが作成できても
Google(検索エンジン)に認識されなければ意味がありません。

更新したコンテンツは検索結果に表示させる必要がありますよね。

通常、時間をかければ自然にインデックス(※)されていきますが
サイトマップは、そのスピードと正確性を促進してくれます。

※ 更新内容が検索結果に反映されること

今回はワードプレスサイトのサイトマップを生成し
Googleに送信してくれるプラグインを紹介します。

作成したサイトマップを送信するには
サイトをウェブマスターツールに登録している必要があります

ウェブマスターツールとは?という場合は
こちらの動画から確認してみてください。

アクセスを検索エンジンから集める場合には
絶対に登録しておくべきツールです。

ウェブマスターツールの登録方法!メリットとデメリットは?

サイトマップとは?ウェブマスターに送信する効果を解説!

サイトマップはウェブサイトの地図のようなもので
内部の構造が記載されているデータですね。

プラグイン『Google XML Sitemaps』で作成し
ウェブマスターツールを使って送信することで
サイト内のコンテンツをもれなくインデックスできます

検索エンジンのクローラーに見つけてもらえなければ
検索アクセスが流入してこないので、サイトマップの送信は必ず行なってください。

追記:サイトマップファイルの場所について

プラグインのバージョンアップに伴って
設定画面が動画で解説しているもの変わっているようです。

具体的には7分10秒あたりの、サイトマップファイルを探す場所ですが
現在のバージョン(4.0.4)だと設定画面の一番上に表示されています

下図の場所からファイル名を調べてください。

smp

他にも変更点によって、設定が分からない場合は直接メッセージを頂ければと思います。

mail

よろしければコメントをどうぞ!