渚ひろしの自己紹介

plofhead

はじめまして!
渚(なぎさ)ひろしと申します。

このインターネットの大海原の中
僕のブログに訪れていただき

本当にありがとうございました!

まあ「スタンド使いはスタンド使いと惹かれ合う」なんて言葉もありますし
これも何かのご縁かもしれません。

ともあれ、まずは自己紹介をさせてください。

僕の経歴を少しお話ししますと出身は北海道
沖縄の琉球大学を卒業した後に、東京で金融系サラリーマンをやってました。

kiseki2

我ながら移動しすぎですね。

ちなみに「なんでわざわざ沖縄の大学に行ったの?」
初対面の方には90%以上の確率で聞かれるんですが、単純に「寒いのが嫌いだから」です。

そして、その回答をすると95%以上の確率で、反応に困った感じの顔をされます。(苦笑)

…いきなり横道にそれてしまってすみません。

       ・・・・・
サラリーマンをやっていたというのは
あなたもお察しのコトと思いますが、もう退職しているからですね。

現在は、インターネットを使って収入を得る
俗にいう(?)「ネットビジネス」をしながら暮らしています。

オンラインで、しかも個人でできる仕事なので
仕事する時間は自分で決められるし
もちろん毎日会社に通う(通勤する)必要もありません。

いわゆるノマドワーキングってヤツです。

僕も実際、いつも自宅か近所のカフェとかで仕事してますし
世間の休日には外出を避けたりしてます。どこ行っても混んでるので。

そして、まあやっぱり気になるのは

そんなんで生活できるの?お金はちゃんと稼げてるの?

てことですよね。

これまでの僕の収入の推移を振り返ってみると

2013年5月:月収500円達成
2013年7月:月収20万円達成
2014年5月:月収140万円達成
2014年12月:月収1200万円達成
2015年11月:月収2000万円達成

という感じで、平均年収(400万円くらい?)とかと比べると
かなり大きな金額を稼ぐことができています。

ネットビジネスで自由で裕福な生活を実現しているわけで
今では、その方法(稼ぎ方)を知りたいって人に教えることもしてます。

常識的な数字ではないので「嘘だ!」と思っちゃうかもしれませんが、本当のことです。
(僕のメルマガでは実際の報酬画像も公開していますよ!←宣伝)

世間的にみると、完全にアウトローな部類ですよね。

 

もちろん僕も、最初からアウトローだったのではなく

小学校 → 中学校 → 高校 → 大学 → 新卒で就職

と、二十数年ごくごく一般的な人生を歩んできました。

(ちなみに、両親は僕を公務員にしたかったみたいです。)

僕がアウトサイドに足を踏み入れた(踏み外した?)のは
沖縄の大学を卒業して、東京にサラリーマンとして旅立った一年後のこと…。

 

〜 回想シーンへ 〜

 

あれは、僕のサラリーマン時代

毎晩終電帰りは当たり前、上司は保守的でパワハラ上等。

残業代なんてもちろん出ない、完全なるブラック企業…。



なんてことはありませんでした。

 

〜 回想シーン終わり 〜

 

むしろ、福利厚生のしっかりした、100年企業の東京支店で勤務。
月給も新卒会社員の平均と比べれば高かったと思います。

にもかかわらず、キッパリ辞めました。

再就職する気もなく、1年で会社を後にした僕のことを
いわゆる「普通の人」ならばこう思うでしょう。

【メインサイト】p1

というか、実際何度か言われました。

だがしかし、今、僕はこのセリフを放った人達に
自信満々にいい返すことができます。

【メインサイト】p2

「感情をぶっ放さずしてなんの命だ!」

 

…いきなり話が飛び過ぎですね。

 

僕があまりにもあっさり会社を辞めたのには
もちろん、具体的な理由もいくつかあります。

・朝、満員電車に乗るのが嫌すぎたから
・週7日しか無いのに5日もルーチンワークをしたくなかったから
・誰も楽しそうじゃない接待の飲み会に行きたくなかったから

karekare

情け容赦ない現実です。

これだけ見るとただのワガママな社会不適合者かもしれません。
まあ、退職に至った理由には間違いないんですけど。

でも

自分の人生を生きている実感が無くなりつつあった

というのが、たった1年でサラリーマン生活に終止符を打つ
決心をするに至った根源的な理由でした。

 

僕、ゲームとかアニメとか大好きなんですけど
特に「冒険物語マンガ」を年少時から読みまくってるんですよね。

マンガで人格形成されてきたといっても過言ではないです。
いやむしろ、マンガで人格形成されてきました。はい。

(たぶん少年ジャンプは死ぬまで読み続けます。)

中学校の時はダイの大冒険の「ダイ」に憧れ
高校時代はGTOの「鬼塚英吉」に憧れ
大学時代はワンピースの「ルフィ」に憧れ

そして、常に思っていたことは

「オレは絶対に、憧れてきたあの 主人公 のような人生を送るぞ!!」

ということです。

propro2

そう心に秘めて、意気揚々と飛び出した

「新世界」

じゃなくて、社会

大学時代には、就職にネガティブなイメージは無く
会社でも自分の個性を発揮して楽しむぞー!程度に考えていました。

・・・しかし、入社後に僕を待っていたのは

「洗脳」

です。

prof11

洗脳のイメージ(あくまでイメージ)

これは説明するよりも、見て頂いた方が早いでしょう。
サラリーマン時代の僕の日記の一文を公開します。

nikki

「会社員になる」ということは
少なくとも会社で働いている時は

会社のために生きるべし

っていう価値観をすり込まれるワケですよね。

これは否定しようがありません。
会社からすれば、その方が利益出るに決まってますから。

そして人が会社にいる時間は、起きている時間の半分以上。
というか人によっては90%とか

そうなると、そもそもの判断基準が、自分のなんだか会社のなんだか
分からなくなっちゃうのも無理がない話だと思います

そして最終的に・・・

prof10

「何だか知らんが とにかくよし!」

洗脳完了です。

何が正しいのかも判らない頭に薄いモヤがかかったような状態
毎日、決められた時間に、毎日、同じ電車に乗り継いで会社に通う日々。

(そして実際にもの凄いスピードで頭頂部も薄くなっていく日々。)


サラリーマンのままじゃ「自分の人生を生きる」ことは難しいのでは…

就職してわずか数ヶ月でわき上がったそんな考えが
確信に変わるまで、大した時間はかかりませんでした。

今現在、サラリーマンをしている人

そして今後就職を控えている多くの人は感じているんじゃないでしょうか。

「オレ、このままでいいのかな…」

しかし、それに気付きながらも、目の前の生活を考えると

会社にいるという選択肢は安易に捨てる訳にいかないのが現実。
 
「僕はカゲだ…」と悟ってしまえば、ある意味楽なんでしょうけど


kuroko

そのような、縛られまくって、どうしても自分が主人公になれないような状況を
僕は到底受け入れることができませんでした。

受け入れられなすぎて、ストレスによる末梢性顔面麻痺という
顔半分が動かなくなる病気になったこともあります。

マヒで片方の目が閉じれなかったので、頭を洗う時
シャンプーが目に入って痛かったのは良い思い出です。(苦笑)

毎日満員電車にゆられながら会社に通い
全然楽しくもないのに(しかも顔半分が動かないのに)接待の飲み会でおどけてみせて

主人公とは程遠いモブ(わき役)に成り果てた僕を

誰だコイツ?

と客観的に見ている自分に気付きます。

ああ、これ以上ここ(会社)に居るのはまずい。

そう思いました。

そして、入社して半年がたった頃…

danko

僕は、1年で会社を辞める決意をしました。

もちろん、次の仕事のアテなんてありません。
とりあえず「辞めること」が僕の中で決定しただけです。

つまり残りのタイムリミット半年間で
自分らしく生きられて、会社員にならなくてもよいという
見つけるのがはぐれメタル並みに難しそうな仕事を探すことになったワケです。

subhead2

20年前なら、そんなこと言ったって
カネ無しコネ無しのイチサラリーマンが会社から飛び出しても
想像できる結果は悲しいモノだったはずです。

でも、そんな中(これはもうラッキーとしか言い様が無いんですが)
偶然に出会ったのがネットビジネス

インターネットを使った『情報』を武器にお金を稼ぐビジネスでした。

その出会いから間もなく、予定通りに会社を後にして
もう後が無い状況で必死に取り組み
冒頭でお話ししたような成果を挙げることができました。

と、「何をやって稼いだの?」って話は長くなるのであっさりと書きましたけど

今では

・働く時間、働く場所は自分で好きに決める
・全く作業せずとも生活には十分すぎる収入が入ってくる
・その気になれば月収1000万以上を稼ぐことができる
・月に一回は国内外旅行を楽しむ
・全国の仲間とネット/リアル両方で共に学び、共に遊ぶ

という生活を楽しんでいます。

これらは、お金も無く、コネも無く、特別な資格も無かった僕が
わずか2年で手に入れることができたものなんです

jo-siki

こうして、僕はアウトローの道を歩み出し
いわゆる「普通」とはちょっと違う生き方をしてますが

「自分が主人公の人生を生きたい!」

という感情に従って行動してみた結果、あることがわかりました。

それは「常識なんて、簡単に崩壊する」ってことです。

あなたは、僕がさっきお話しした

・働く時間、働く場所は自分で好きに決める
・全く作業せずとも生活には十分すぎる収入が入ってくる
・その気になれば月収1000万以上を稼ぐことができる
・月に一回は国内外旅行を楽しむ
・全国の仲間とネット/リアル両方で共に学び、共に遊ぶ

という生活について「ほ、本当かよ〜?」と思ったかもしれませんけど
たぶんそれは「(あなたの)常識的にありえない」からだと思います。

でも、事実です。

そして、ネットビジネスを深く知っていれば、すぐにその常識も崩壊してしまいます。

僕が何を言いたいのかというと
世間の常識にとらわれるのは単なる思考停止だってこと

目的を最初に持ってきていいんです。

・会社を辞めたい
・家族との時間をもっと増やしたい
・満員電車に乗りたくない
・モテたい
・〇〇な〇〇と〇〇しまくりたい

とか。

一般的には「欲張りかっ!」って言われることでも、目指すのは自由ですから。

あとはそのための方法を全力で探して
全力で取り組むだけです。

僕らの世界は、意外と可能性に満ちていて
意外と自分の思い通りになります。

もちろん、行動さえ起こせばなんですけれど。

nakama

ということで

ここまで、読んでくれたあなたに
早速「行動の機会」を提供します。(笑)

僕は、僕のように自由に稼いで、好きな時に遊べる仲間が欲しくて
最初にお話ししたように、ネットビジネスを教えるっていう活動もしてます。

(実はこれを書いているのも、全国セミナーツアーの途中です。)

中には月数百万を安定して稼げるようになった人や
引きこもりを脱出して、全国で遊びながら自動で稼いでいる人
妻子持ちながら脱サラしてネットビジネスを本業にした人…

いろいろいます。(こちらで仲間の実績の一部を紹介中。)

その仲間は全員、僕のメールマガジンを読んでくれていて
多くは、それをきっかけにネットビジネスにチャレンジした人達なんです。

なので、あなたも、僕がやっているネットビジネスの仕組みや
具体的な稼ぎ方に興味があれば読んでみてください。

読んでみて絶対に損はありません。

なんといっても無料なので。

と、無料なのを抜きにしても、あっと驚く情報のクオリティ(自称)です。

インターネットの可能性を最大限に利用した
自由へ向かう冒険の攻略法を、出し惜しみなくお伝えしますね

ちょっと覗いてみるか。という軽い気持ちからでも
人生は大きく変わったりします。

下のリンクから気軽に登録して、スキマ時間にでも読んでみてください。
(解除は好きなタイミングで出来るのでご心配なく!)

渚ひろしのメールマガジンを読んでみる!

nowor

思い通りの人生を生きる為に行動を起こそう!
っていうのは良く聞く言葉です。

でも、人生は一度きり。

Now or Never(チャンスは今!)とは言っても
1人社会に飛び出してみても「イチかバチか」のリスクを取るのは恐いと思います。

守るべき家族がいたり、年齢的に再就職が難しい場合は特にですよね。

でも

ネットビジネスは
ローリスクハイリターンのビジネスです。

全くの無料で始めることもできて
その月の内に、数十万円を稼ぐことだって可能です。

だから僕は、妻子持ちなのにいきなり会社を辞めたり
現在の環境を無理矢理リセットする必要は別にないと思ってます。

ゼロからスタートすればいいんです。

自分と相談して、信頼できる仲間や先生と相談して
徐々にステップアップしていけば

当たり前に稼げるようになるのがネットビジネスですから。

そして、ゴールはありません。

僕だって、もちろんいまの収入で満足しているわけじゃなく
さらに高みを目指しているし、作戦は常に「ガンガンいこうぜ」です

僕は幸運にも、インターネットという最高の武器を手に入れることができました。

せっかくなので最大限に利用して
仲間と一緒に最高の人生を目指していきます。

好奇心が刺激されたなら、あなたもぜひ、一歩踏み出してみてください。

渚ひろしのメールマガジンを無料で読んでみる!

 

ここまでで僕の「今の」プロフィールは終わりです。

この長い文章、最後まで読んで頂いてありがとうございました。
あなたもけっこう変わり者ですね。(笑)

最後に決めゼリフ。

翼ある者は飛べ!!

あなたが、自分が主人公となる人生を歩むと決めたのなら
常識なんて簡単に崩壊するエキサイティングな世界をお見せします

次はぜひ、メールマガジンでお会いしましょう。