ドメインエイジ(年齢)とは?調べ方やSEO効果をチェック!

PC関連全般

ドメインエイジ(年齢)とは?調べ方やSEO効果をチェック!

ドメインエイジ

ウェブサイトは開設から時間が経過するごとに
だんだんSEOの効果が強くなってきますが
これは、ドメインエイジと呼ばれる仕組みのためです。

ドメインエイジとは、ドメインの年齢のことで
対象ドメインが試用されたサイトが改札されてからの経過期間です。

今回はこのドメインエイジについて
SEO対策への効果やチェックツールについてお話しします。

 

ドメインエイジはどのように決まるのか?

ちょっと気になる点として、まず
ドメインエイジがどのようにして決まるのかをお話しします。

どのタイミングを基準にドメインの年齢がはじまっているのか
つまり“0歳”はどの地点からなのか?

お話ししますといっても、Googleが公開している情報で
いまのところわかっている情報ですが。

基本的には初めてサイトがGoogleにインデックスされた時から
だと思って大丈夫なようです。

インデックスってなに?という方はこちら。
ブログ記事のインデックスを確認!Googleクロムで調べるには?

決して、ドメインを取得したタイミングではないので
その点は間違えないようにしてください。

 

ドメインエイジのSEO効果は健在か?

近年のGoogleのアルゴリズムのアップデートによって
以前のSEO対策とは常識が変わってきていますが
ドメインエイジを利用したSEO対策は有効なのでしょうか。

具体的にいうとオールドドメインを利用した
被リンクやサイト作成などです。

結論としては、現状では「効果はあるがリスクも高まっている」
と考えるのが良いのではないかと思います。

というのも、以前ではただドメインが古いというだけで
SEO効果が絶大でしたが、2013年現在では
サイト自体のコンテンツが重視されています。

つまりオールドドメインを利用するにしても
元のサイトが悪質なものであれば、逆効果
だということ。

この点は十分期をつけてください。

特にドメインエイジが長いからといって
安易に自分の軸となるサイトに
オールドドメインを使うのは危険かもしれませんね。

 

ドメインエイジのチェックツールを紹介!

最後に、ドメインエイジをチェックするための
無料ツールをご紹介しましょう。

ドメインエイジチェックツールはこちら
IP分散及びドメイン年齢チェックツール

ドメインエイジチェック

こちらのサイトではドメインエイジを調べたい
対象ドメインを入力するだけで、すぐに検証することができます。

半年や1年の年齢の違いでSEO効果の違いは表れないそうなので
自サイトのドメインについては、長年をかけて育てていくしないです。

もちろんそれ以上に、サイトのコンテンツを
充実させていく方が大事だということも忘れずに。

それでは。今回はこのへんで。
ではでは!

よろしければコメントをどうぞ!