マーケティングの意味とは?販売戦略の手法を基礎から学ぶ!

ネットビジネス講座

マーケティングの意味とは?販売戦略の手法を基礎から学ぶ!

マーケティング 意味

今回は「マーケティング」という言葉について
その意味や、具体例などの説明をしていきます。

よくよくネットビジネスにおいても最重要なもの(稼ぐための両輪)として
コピーライティングとマーケティングは挙げられますね。

しかし、マーケティングというのはビジネスにおいて不可欠でありながら
言葉の意味を正確に捉えることが難しい言葉でもあります。

正しく理解して、自身のビジネスのために役立てていきましょう。

マーケティングとは?言葉の意味を理解しよう!

と、まずこういう用語を勉強する時には
辞書をまず引いてみるというのが基本。

ちなみに、wikipedhia先生(辞書なのか?)にはこのように書いていました。

マーケティング(英語:marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち「顧客が真に求める商品やサービスを作りその情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

なるほど…というわけで、まず覚えておくべきは
マーケティングとは非常に広い意味で用いられるということですね。

一言では言い表せないんです。
「強さってなんだろう…」って問いと一緒です。

そしてその概念を日本語で表すならば
利益追求のビジネス場合「販売戦略」として覚えればいいと思います

・ニーズの調査(リサーチ)をして

・商品を作り

・市場に持ち込み

・顧客の手に渡す

ここまでの一連の流れ。総合的な活動のことなんです。

マーケティング手法の具体的種類は?

概念だけ学んでも、イメージが尽きにくいと思うので
今回は2つの基本的なマーケティング手法を紹介しましょう。

・プロダクトアウト
・マーケットイン

順に説明していきますね。
まずはプロダクトアウトから。

プロダクトアウトとは?:マーケティング概論

プロダクトアウトは、商品ありきのマーケティング手法です。

つまり、作りたいもの(売れるであろうと思われるもの)を作って
それをどう売るのかは後で考えるということです

市場の調査をしっかりと行っていない状態で商品を作り始めてしまうため
一般的に大量消費時代のマーケティング手法とされています。

モノが余っている状態(時代)では、本当に必要なものじゃないと
「はいどうぞ!」と言われても売れないのは当たり前ですから。

それに対して【現代的なマーケティング】と言われているのがマーケットイン。

マーケットインとは?:マーケティング概論

マーケットインはプロダクトアウトとは違い
市場の声をめちゃくちゃ良く聞きます。

つまり、リサーチを徹底的に行なうことによって
お客さんが欲しがっているものを明確にしてから商品を作るわけです

商品が出来るまでのコスト(経費)は大きくなりますが
お客さんは発売次第「待ってました!」と買ってくれますね。

もちろん、2つの考え方に優劣がある訳ではなく
相手にする市場によって適合するマーケティング手法は変わってきます。

ネットビジネスでのマーケティングの勉強法は?

最後はマーケティングスキルってどう学ぶの?という話をしましょう。

ネットビジネスをする上でマーケティングを勉強するのであれば
事例をいくつも研究することが一番簡単で確実です

マーケティングは基本的に隠れてません。

サイトアフィリエイトでもサイトのリサーチは出来るし
メルマガを使ったメールマーケティングでも、他人のメルマガをいくらでも読めます

余談ですが、MBA(経営学修士)やビジネススクールの勉強も事例研究がほとんど。

良く言われることですが「マーケティングは科学」と捉えてください。
(運がよくて売れた!とかではなく、結果には必然性があるということです。)

すべての結果は数字が物語るため
どんどんトライ&エラーを繰り返すことが可能

意識的にマーケティングをしていけば
「売る前からどれだけ売れるかわかる」
という理想の状況を作り出すことができます。

ちなみに僕が月収130万円達成した時や、無料レポートで1位を獲った時
予想していた結果と実際の結果(ダウンロード数・利益)はほぼ同じくらいでした。

いつも「買い手」の視点でいるのではなくて、ビジネスをやる以上は
「売り手」視点で他者のマーケティング手法を観察して見ると良いですね。

よろしければコメントをどうぞ!