GoogleアドセンスのRPMとは?平均値や向上方法を考えてみる

Googleアドセンス

GoogleアドセンスのRPMとは?平均値はどの程度?向上方法も!

アドセンス RPM

Googleアドセンスの管理画面では「CTR(クリック率)」「CPC(単価)」など
さまざまな収益に関する統計情報を見ることができます。

今回はその中でも、特に「これってなに?」と感じてる人が多い
「RPM」という数値について説明しましょう。

普段あまり気にしていないかもしれませんけど
アドセンスサイトで稼ぐためには、RPMの向上はとても重要な課題です

GoogleアドセンスのRPMとは?

RPMってそもそもなに?という人もいるかと思いますが
アドセンスの管理画面に表示されるこれですね。

赤枠の部分です。

RPM

「Revenue Per 1,000 Impressions」の略で
1000が”Mille”を表しています。

要するに「1000ページビューで平均いくらの報酬があるか?」という意味で
アカウントの「報酬獲得力」を示す数値になります。

つまり、RPMが200ならば10000PVで2000円
またRPMが500ならば10000PVで5000円の報酬となるわけですね

Googleアドセンス「RPM」の平均値は?

やはりこういった数値は「平均値」を気になってしまうんじゃないでしょうか。
ついつい、自分だけ低いんじゃ…とか考えてしまうものですし。

ズバリ一般的に平均は200〜300くらいであると考えて良いです。
1000アクセスで200〜300円の報酬が見込める感じ

もちろん、この値はサイトのジャンルによって変化しますし
高いものであればRPM1000という例もあります。

しかし、RPMとはそれ自体で考えるものではなく
単価(CPC)やクリック率(CTR)といった各要素を総合した数値として受け取ってください。

Googleアドセンス「RPM」を向上させよう!

ここまでの説明でも明らかなように、RPMは高い方がいいです。
ただ、RPMを上げようというよりは上記のそれぞれの数値の改善に努めましょう。

なのでアドセンスで稼ぐために
改善していく数値として、僕が考える順番は以下の通り。

①アクセス数
→ キーワード選定、ネタ選定、ユーザビリティの改善
②クリック率
→ 広告の位置、広告ユニットの改善
③クリック単価
→ スマートプライジングの向上(滞在時間など)
(②〜③はRPMに関連)

結局は直接的に増やすことが難しいものよりも
更新頻度や質でアクセス数を増やすのが簡単ですからね

ということで今回はGoogleアドセンスの統計数値「RPM」についてお話ししました!
アドセンスサイト運営の一助になれば幸いです。

よろしければコメントをどうぞ!