Googleアドセンスの具体的NGワードや禁止ジャンルは?その2

Googleアドセンス

Googleアドセンスの具体的NGワードや禁止ジャンルは?その2

アドセンス 禁止

以前の記事ではGoogleアドセンスでの禁止コンテンツについて
その、大まかな内容を書きました。

Googleアドセンスは非常に規約が厳しく
違反サイトには容赦なくペナルティが課せられます。

最悪でアカウントの削除、良くても停止で
どちらにしても、積み上げた報酬を受け取ることができません。

恐ろしすぎる…

ゲンスルー
Google「疑わしきものは爆する。」

基本的に子供と一緒に見れるWEBサイトを目指して
“クリーン”を心がけて運営していくのが必要ですね

しかし、心がけたはいいものの
グレーゾーンにうっかりと踏み込んでしまい
アカウント停止を食らっては無意味です。

ということで今回は僕のもっている情報として
NGワードとなりうる単語を具体的に挙げておきましょう。

数百のサイトを添削し、沢山のアフィリエイター仲間から
見聞きしてきた情報なのでぜひ参考にしてみてください。

禁止コンテンツその1:性的な表現

禁止コンテンツであるアダルトジャンルのことで
最も注意しなければいけないジャンルです

性的な行為に関するワードはもちろん禁止ですが
グレーゾーンが広いというのも特徴

注意していると思いながらも、以外と使ってるので
今一度過去の更新記事を振り返ってみるのもいいかもしれません。

NGワードになる可能性があるコンテンツの具体例

アドセンス NGワード

男性アイドルの上半身裸の画像や
女性アイドルの過激な衣装などもよした方がいいでしょう。

僕は男女問わず「へそが出てたら使わない」と決めています。

禁止コンテンツその2:一般人の情報

これもかなり危険です。

事件の速報などを扱う時、関連した人物の情報は当然欲しくなりますが
それが一般人の場合は十分注意しましょう

個人を特定できる「住所」「名前」「顔写真」などはむやみに使ってはいけません。

まあ、これはGoogleアドセンスの規約に限らず
モラル的にもよろしくないといえるでしょうね。

エンターテイメント系の記事などで芸能人の画像を利用する際も
一般人が映り込んでいるものはNGです。

きちんとモザイク処理などを行ないましょう。

例.某ジャニーズの赤西さん
赤西仁

プリクラ画像なども気をつけてください。

禁止コンテンツその3:暴力的な表現

このジャンルはかなり抽象的で
日常的な言葉との境目がわかりにくいです。

それだけに規約にひっかかってしまう事例も多いので
具体例を紹介していきます。

NGワードになる可能性があるコンテンツの具体例

picture 2013-11-08 12.09.46

「死亡した」などは使わずに「亡くなった」「逝去した」のように
刺激的なワードが入らない工夫をしましょう

僕は「死」というキーワードは全く使いません。

ということで、Googleアドセンスの規約違反になる場合がある
具体的なNGワードやジャンルについてお話ししました。

アドセンスのペナルティの一番恐いところは
「なにが原因かわからない」ということ。

記事を大量削除するという事態を避けるためにも
1記事1記事十分注意して投稿していきましょう

外注さんに記事を書くのをお願いする時は特に、ですね。

NGワードを避けるうえで大切なのは

「なるべく使わないように気をつける」

ではなくて

「なにがなんでも絶対に使わない」

ってことですから。

ということで今回は、Googleアドセンスをサイトに貼り付ける場合の
NGワードや禁止ジャンルについて解説をしました!

パート1へはこちらから移動できます。
アドセンスの禁止事項まとめ。規約違反に相当する事例は?その1

よろしければコメントをどうぞ!